もし、あなたが既に何らかの生命保険に入っているとしたら、加入時の手続きはどのくらいのでしたか?あるいは、貴方のご両親が保険に加入した時の手続きがどんなだったかご存知でしょうか?かつては保険勧誘員から書類を受け取り、病院で健康診断(献血などでも簡易的に教えてくれますよね)を受けた結果を添付して提出し、その結果が出るまでにも数日間かかるのが通常でした。健康診断(勤め先などで年に一度実施することも多いですね)の結果を受けて再検査を受けさせられたり、結局、加入できないということもありました。しかし、最近増えてきているネット完結型の生命保険は、インターネット上で各商品の保障内容や掛金を見て気に入ったものがあれば、そのままホームページのフォーム(プロのスポーツ選手の中には、オリジナリティ溢れる人もいますが、あまり真似しない方がいいですね)やメールで申し込みをするだけと言った手軽なかもしれませんよね。病院での健康診断(献血などでも簡易的に教えてくれますよね)の結果を添付する必要もありませんし、基本的には保険会社で用意した質問事項に答えるだけです。特定の不可条件(あまりいい意味で使われることがないんではないでしょうか)に当てはまりいなければ、当日中に申込が完了してしまうと言うスピーディーさが魅力みたいですね。もちろん、メール(メールアドレスが流出してしまうと、迷惑メールがたくさんきて困ります)や電話による事前相談や資料請求にも応じていますから、分からないことがあれば聞くこともできます。何より、24時間いつでも好きな時間に申し込みできるというのも、若い人たちに受ける理由の一つでしょう。すべての保険が対象というわけではなく、そのほとんどは医療保障タイプの保険ですが、年々対応商品が増えています。比較的充実した医療保障が、お手頃な保険料で用意されているのも魅力の一つですー